北朝鮮は11日、対韓国の窓口機関である「祖国平和統一委員会」の声明を通じて、開城工業団地の操業を全面的に中断し、軍事統制区域にしたと宣言した。

韓国政府は10日、北朝鮮南部・開城(ケソン)で展開してきた南北協力事業、開城工業団地の稼働を「全面中断する」と発表していた。北朝鮮の全面中断宣言は韓国側の処置に対抗したものだ。

開城工業団地の中断は2度目

開城工業団地は、 2013年4月にも北朝鮮側の一方的な措置により中断された。2012年12月の長距離弾道ミサイルの発射実験と翌2013年2月の第3次核実験に対する国連安保理が制裁を決議や、3月から4月にかけての米韓合同軍事演習に北朝鮮が反発したことによる。しかし、同年8月に南北両政府の合意によって操業が再開された。