韓国の国家情報院は7日、北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射について「(発射体は)衛星としての価値がなく、弾道ミサイルと見ることが正確だ」と明らかにした。複数の韓国メディアが明らかにした。

韓国与党・セヌリ党のイ・チョルウ議員はこの日、国会情報委員会の直後、記者に対して「国家情報院は、『衛星とするには、少なくとも800〜1500キロ程度が搭載できなけれならないが、今回は200キロ程度の搭載だったため、衛星としての価値はなく、弾道ミサイルで見るのが正確だ』と述べた」と伝えた。

舞水端里で第5次核実験の可能性

イ議員によると、国家情報院は今回の長距離弾道ミサイルが2012年12月の銀河3号より性能が多少改善されたと評価しており、2012年当時は100㎏だったミサイルが約2倍になったと分析しているという。