北朝鮮の金正恩第一書記は、今年の元日に発表した「新年の辞」で「すべての部門で国産化を進めよ」と訴えた。

労働新聞などの北朝鮮メディアも国内向けに、「輸入病(何でもかんでも輸入に頼る傾向)を打破せよ!」と強調。国産化を進めるためにも、生産現場において、資材や原材料などに外国製品、主に中国製品を使うことに依存するなというわけだ。しかし、そう言いながら金正恩氏本人は、舶来ブランドに相当なコダワリを持っている。

例えば、金正恩氏と李雪主夫人はスイス製のペア・ウォッチを愛用。正恩氏がいつも身に着けている、かつての日本のヤンキーが愛用していたようなルーズ・フィットの人民服の生地は英国製。李雪主夫人は、フランス製の高級バッグを常に持ち歩くーーというわけで、いくら「国産化」を叫ぼうとも説得力の欠片もない。

金正恩氏の主張に沿って、昨年の労働新聞も「輸入病は思想的な病気」「永遠に他人に依存しようとする馬鹿になってしまう」などと、輸入依存と製品の国産化を訴えている。しかし、すべての国産化を目指そうとも、多くの国営工場は原材料や電気の不足、設備の老朽化、従業員の意欲低下、技術導入の遅れなどで開店休業状態だ。

だからと言って、金正恩氏の指示に背いたり、ノルマを達成できなければ、今度は処罰が待っている。上からの指示と現場事情の間で板挟みになって、困り果てた工場幹部が編み出した奥の手、それは「産地偽装」だ。

北朝鮮の市場で販売される多くの中国製品。かつては、トンジュ(金主)と言われる新興富裕層や卸売業者が中国から製品を輸入し、市場に卸していた。しかし、最近では国営企業が輸入権を独占しているという。

実は、国営企業は、輸入した中国製品のラベルを自社のものに貼り替え、あたかも「国産品」であるかのごとく「産地偽装」して、市場に卸しているのだ。そのうえで、上部には「我が工場では、こんなにも多くの製品を製造している」と報告する。

この産地偽装は、上層部だけでなく消費者もターゲットだ。カラクリを知らない北朝鮮の消費者が「最近は国産品も質がよくなったもんだ」と評価して、国営企業製品のイメージアップが狙いでもある。

多くの北朝鮮住民は、市場に出回る中国、韓国などの質の高い海外製品に触れていることから目が肥えており、国産品に対して概ね否定的だ。その最たる例が「チョコパイ」。北朝鮮でチョコパイは高級品であり、一時期は通貨代わりにもなるぐらいだった。しかし、北朝鮮当局は、大人気の韓国製チョコパイの流通を禁止し、代わりに「北朝鮮製チョコパイ」を市場に流通させようとした。最初は、物珍しさで手に取る人もいたらしいが、「パサパサで不味い」との悪評が広がり、さっぱり売れなくなってしまった。


こうした市場の声を逆手にとって、国営企業は「産地偽装」で国産品のイメージアップまで図ろうとしているようだが、これは今に始まったわけではない。

例えば、電化製品は80年代から日本製やソ連製のものを輸入し、ブランドタグだけを取り替えて売られていたと言われる。また、最近の例を挙げると、北朝鮮が独自開発したというコンピュータのOS「レッドスター3.0」は、米アップル社の「MacOS X」との類似が指摘されている。タブレット端末「アリラン」の中身も中国製だと言われている。

北朝鮮では、このようなことが繰り返されてきたこともあり「国営企業の幹部はパッケージさえ変えれば自分たちが生産した気分になる」とのことだ。もちろん、こうした産地偽装は体面を整えただけであり、更に輸入病に頼る結果を招く。

金正恩氏は、「輸入病を打破せよ!」と主張するまえに、競争力のない製品は市場から淘汰されるという経済の基本を学ぶべきだろう。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事