北朝鮮は、2015年から新暦の1月1日を、「正月」として祝うことになった。本来、三が日は連休のはずだが、様々な理由で行事や奉仕活動に動員され休むこともできず、せっかくの連休が潰されたことで、一般住民の間には不満が渦巻いている。

この時期、北朝鮮住民に課せられた最も過酷な動員は、肥料を作るための「堆肥戦闘」、つまり「人糞集め」だ。1人あたり驚くほどの量をノルマとして課せられており、正月早々、人糞を求めてさまよい歩かなければならない。

(参考記事:新年早々の「人糞集め」にガッカリする北朝鮮の庶民たち

毎年恒例の過酷な行事「人糞集め」の動員から免れても、町の清掃などに無理矢理駆り出される正月の動員はまるで、終わらない「罰ゲーム」のようだ。

(参考記事:夢破れて「人糞集め」…えこひいきに北朝鮮住民も不満

また、1月は「新年の辞」の集中学習期間だ。学校や職場で、9000字もある「新年の辞」を丸暗記しなければならない。全文をそらんじる大会やクイズ大会などの準備もあり、仕事も勉強も完全にストップしてしまう。

(参考記事:金正恩氏「新年の辞」に北朝鮮庶民から不満の声

大会で優秀な成績を収めた人は「模範」として大々的に持ち上げられる。一方、成績が悪ければ、今年1年間は生活総和(総括)の時間に責め立てられる。なかには、「ちゃんと学習しろ」と言われ「居残り」をさせられる人すらいる。