北朝鮮は、昨年、韓国で大流行したMERS(中東呼吸器症候群)関連の措置を全面的に解除した。それに伴い、開城(ケソン)工業団地の労働者に対する体温検査やマスク着用義務なども撤廃した。

韓国統一省の関係者は「北朝鮮が3日に開城工業団地管理委員会を通じて、4日付で熱感知カメラを使った韓国の労働者に対する体温検査を中止すると通告してきた」「北朝鮮の出入事務所(入管)を通過する際にマスクを着用する必要もなくなった」と明らかにした。

北朝鮮は、昨年6月22日から開城工業団地に出入りする韓国の労働者に対して、マスク着用と健康状態申告書の提出を義務化し、工業団地内の北朝鮮側の人員との接触も制限してきた。

措置の開始と同時に北朝鮮は、韓国に対して熱感知カメラ3台を支援するように要求し、韓国政府はこれに応じていた。カメラは出入事務所と北朝鮮の労働者が工業団地に入る通路に設置されていた。措置の解除に伴い、カメラは韓国側に返却される見通しだ。

北朝鮮は、海外での伝染病に異常とも言える対応を行うことで知られている。北朝鮮は、昨年7月に韓国の光州で行われたユニバーシアード大会に選手団を派遣する予定だったが、MERS感染の恐れがあるとの理由で、派遣を中止している。

また、一昨年11月から昨年3月にかけては「エボラ出血熱」の感染のおそれがあるとして、自国民外国人問わず出入国を厳しく制限し、長期間隔離する「プチ鎖国」を実施し、国際社会から呆れられた。

    関連記事