韓国で猛威を振るっているMERS(中東呼吸器症候群)に対して、北朝鮮が警戒を強めている。

金萬有病院
平壌の金萬有病院(本文とは関係ありません)

感染者169人、隔離対象者4000人(いずれも21日現在)に達している「韓国MERS渦」について、北朝鮮の労働新聞は15日と17日の紙面で、「南朝鮮(韓国)はMERSで阿鼻叫喚の大修羅場」と報じながら、「傀儡当局(韓国政府)の対応は安逸で無責任。これは南朝鮮人民にとって伝染病より恐ろしい」など韓国政府の対応不備を厳しく非難した。