北朝鮮在住華僑に対する当局の締め付けが強化されている。スパイ事件に関連した容疑で数十人が逮捕され、一部が収容所送り、銃殺刑に処せられるなか、100人以上の華僑が逮捕されたことが明らかになった。

平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK情報筋は語る。

「最近、行われた保衛部(秘密警察)の『緊急捜査』で、以前から監視対象となっていた華僑100人以上が逮捕された。容疑は、明らかになっていないが、なかには保衛部のスパイから中国の安全部のスパイ、さらにはダブルスパイまでいた。おそらくスパイ容疑での逮捕だ」

中国政府関係者を尾行・監視

さらに、保衛部は北朝鮮駐在の中国大使を尾行、監視の対象としていたことが明らかになった。

北朝鮮治安機関の姿勢に、中国側は「激しい不快感」を示したという。さらに、北朝鮮当局の一部幹部らは、この件が中朝関係を悪化させた一因と見ているようだ。

北朝鮮在住の華僑は、中国との行き来が比較的自由である立場を利用して、中国で買い付けた品物を北朝鮮で売り、莫大な利益を得てきた。しかし、今回の事件以降、華僑に対する中国旅行証の発給が停止されている。そのため、貿易に支障が生じ、市場の一部品目が品薄になる現象が起きている。

反中感情を持つ一部住民の中には「豊かな自国に住まず、北朝鮮にいるのは、何か別の目的があるに違いない。いい機会だから全員追放せよ」との極端な主張をする者もいる。しかし、華僑が北朝鮮の市場経済の発展に寄与しているのは事実だ。

一方、幹部たちは「中朝関係の悪化や、中韓の接近に対する報復措置ではないか」と分析しつつ、「この件で中朝関係がさらに悪化するかもしれない。中国にまで完全に背を向けられていいことは何もない」と心配している。

金正恩第1書記が、政権についてから、北朝鮮当局は、華僑を「体制を脅かす勢力」と認識するようになり、監視対象としてきた。こういう状況を嫌って北朝鮮を見限り、中国に移住する華僑が増えている。正確な統計はないものの、80年代中頃までは2万人を超えていた北朝鮮在住華僑の数は、5400人まで減少していると伝えられている。

また、子どもを中国の大学に留学させる華僑も多いが、電話や手紙でのやり取りが多いことも、スパイ容疑につながった一因と見られる。

    関連記事