金正日総書記が死去してからまもなく丸4年になる。父親の急死で、経験を積む時間も、帝王学を学ぶ時間もなく、政権の座に就いた金正恩第1書記だが、やはり父、そして祖父の金日成主席と比べるとカリスマ性に欠ける。

北朝鮮初の女性追撃飛行士を撮影する金正恩氏
北朝鮮初の女性追撃飛行士を撮影する金正恩氏/2014年11月28日付労働新聞より

年功序列の朝鮮の文化においては「若造」であることがデメリットのうえ、金正日氏が生まれたとされる「白頭山の密営」などの出生にまつわる神話もないばかりか、実母が大阪・鶴橋出身ということもあり、神格化もままならない。

    関連記事