北朝鮮の金正恩氏が今年10月に下した「海産物輸出禁止令」が一部撤回されたことが明らかになった。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

洪原水産事業所の漁船(画像:労働新聞)
洪原水産事業所の漁船(画像:労働新聞)

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋は「10月初旬に海産物の輸出が全面ストップし、行き場を失った海産物が市場に放出され、値段が下がった」と語った。輸出禁止令は、10月10日の朝鮮労働党創建70周年記念日を前にして下されただけあり、住民の間には「もしかして魚の特別配給があるのでは?」という期待感が高まった。

値段が暴落

しかし、それはぬか喜びに終わった。

    関連記事