鳴り物入りで完成を迎えた平壌市内の「未来科学者通り」。大同江沿いに立ち並ぶ新築マンションの威容は圧巻そのものだが、部屋を割り当てられた人々の反応は今ひとつだ。その理由をデイリーNKの平壌内部情報筋が探った。

未来科学者通りの高層住宅(2015年10月21日付労働新聞より)
未来科学者通りの高層住宅(2015年10月21日付労働新聞より)

「将軍様(金正恩氏)の人民愛で建てられたオシャレなマンション」

北朝鮮当局は、未来科学者通りの宣伝に余念がない。平壌市内の大学や科学技術研究機関の研究者が入居対象となっているが、人々は引っ越しをためらっている様子だ。住んでいた家を既に売り払った人は「早まったことをした」と非常に後悔しているとのこと。

水道とエレベーターも…

それは「未来科学者通りの新築マンションには、暖房設備がなく、温水も出ない」という噂が広まっているからだ。