北朝鮮経済を事実上牛耳っている「トンジュ(金主、新興富裕層)」。彼らは、新たなビジネスチャンスを掴むため、権力層との人脈作りに余念がない。その実態を平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋が伝えてきた。

党創建70周年記念期間中のモランボン楽団や青峰楽団のライブのお知らせを伝える朝鮮中央テレビ(画像:朝鮮中央テレビキャプチャー)
党創建70周年記念期間中のモランボン楽団や青峰楽団のライブのお知らせを伝える朝鮮中央テレビ(画像:朝鮮中央テレビキャプチャー)

国営テレビの朝鮮中央テレビで5日、朝鮮労働党創建70周年を記念する「モランボン楽団」や「青峰(チョンボン)楽団」のライブのお知らせが放送された。他にも様々な音楽講演が予定されているが、こうした分野でもトンジュが深く関わっている。

また、10日に開かれる軍事パレードの参加者のためだとして、豚を送るトンジュも続出。なかには、30頭も送りつけてきたトンジュもいるほどだ。彼らの狙いは「権力層へのゴマすり」。