朝日新聞が2日、北朝鮮で長距離弾道ミサイル発射の兆候が見られると報じた。ミサイル発射場へ向かう貨物列車の動きが確認され、そこにミサイルの部品が積まれているかも知れないというのだ。

これに対しては、韓国から否定的な情報が出ており、当の朝日新聞も、準備時間を考えると10日の朝鮮労働党創建70周年までに発射することは困難と分析している。

では、北朝鮮はミサイル発射を見送るのだろうか。

現状から言うと、その可能性は低いと思う。

北朝鮮はすでに、周囲の予想を上回る巨大な発射施設を完成させている。

    関連記事