人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

「旅先から画像や動画をTwitterやFacebook、Instagramに投稿するのが当たり前なのに、北朝鮮で過ごした数日間、それが全然できなかったんだよ。まるで何十年も昔に戻ったようなみたいだったね」

「板門店のそばのコンクリートの壁のあるところに案内されたんだけど、突然携帯電話が鳴り始めたんだ。驚いて携帯を取り出してみたら、韓国のSKテレコムの電波につながってて、Twitterの通知がバンバカ来たんだ。慌てて『北朝鮮なう』とツイートしようとしたんだけど、電波が弱かったのか、ツイートできなかったんだ。残念!」

「鉄道に乗って中国に戻る時のこと。新義州の駅を出て列車が鴨緑江の橋に差し掛かる直前になって携帯電話がインターネットに繋がったんだ。興奮のあまり、思わず妻の顔を見て『自由の国にお帰りなさい!』(Welcome back to the land of freedom!)と叫んでしまったよ。ここは中国なのにだよ!」

まだまだ、IT後進国の北朝鮮。逆に言えば、開放されれば急成長するポテンシャルがあるとも言える。

    関連記事