北朝鮮の労働新聞は19日、米国のパウエル元国務長官が6日(現地時間)、米NBCニュースの時事討論番組で「北朝鮮とイランが核兵器を使用することは自殺行為」と述べたことに対して非難した。朝鮮中央通信が報じた。

同紙は、署名入りの論評で「官職をやめて人生の黄昏期を送っている彼(パウエル氏)が、共和国の核保有の目的をむやみにまどわして意のままにけなし、世論化することについては問題視せざるを得ない」としながら、「われわれの核兵器は、朝鮮半島の平和と朝鮮民族の安全を守る万能の霊剣である」と強調した。

さらに、「米帝侵略軍の基地、南朝鮮駐留米軍基地はすでに、われわれの第一の打撃目標になっているということを強く警告したことがある」と主張しながら、「 パウエルの言動は、核恐怖症にかかった弱者の空威張りである」と非難した。

朝鮮中央通信に掲載された記事全文は次のとおり。

「労働新聞」共和国の核保有の目的をけなすパウエルの妄言を糾弾

【平壌9月19日発朝鮮中央通信】先日、ブッシュ政権当時、国務長官を務めたパウエルがある記者会見で、朝鮮などが核兵器を使用するのは自殺行為になるとでまかせにしゃべった。

19日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、官職をやめて人生の黄昏期を送っている彼が、共和国の核保有の目的をむやみにまどわして意のままにけなし、世論化することについては問題視せざるを得ないとし、次のように強調した。

わが共和国の核保有は、年代と世紀を継いで絶えず強行されている米国の無謀な核脅威・恐喝に対応した自衛的決断である。

われわれの核兵器は、朝鮮半島の平和と朝鮮民族の安全を守る万能の霊剣である。

われわれは、米国が第2の朝鮮戦争を挑発するなら、その戦争は核戦争になり、米本土に巣くっている侵略の牙城と太平洋軍作戦戦域内のすべての米帝侵略軍の基地、南朝鮮駐留米軍基地はすでに、われわれの第一の打撃目標になっているということを強く警告したことがある。

その警告に核兵器使用に関連するわが共和国の立場が明白になっている。

パウエルの言動は、核恐怖症にかかった弱者の空威張りである。
米支配層と軍部好戦狂らはもうろくした老人の言葉を聞いて安堵の息を吐き、虚勢を張ってはいけない。

    関連記事