北朝鮮では近年で、新興富裕層のトンジュ(金主)が、賄賂を使って幹部から稼働しなくなった廃鉱の「運営権」を手に入れて再生させ、ボロ儲けするケースが増えている。

石炭や鉄鉱石の採掘は、社会主義計画経済の基幹となる事業だが、90年代末ごろから「外貨稼ぎ」のために人民武力部、総政治局、国家安全保衛部、人民保安部などの権力機関が独自に炭鉱を運営するケースが増えた。

そして、国民経済の資本主義化の中で10万米ドル単位の資金を蓄えているとされるトンジュらが、その権利を買い取って稼いでいるのだ。

こうした鉱山ビジネスの舞台は主に炭鉱だったが、最近では「金鉱」にもトンジュの潤沢な資金が流れ込んでいる。

韓国鉱物資源公社が2009年に発表した資料によれば、北朝鮮の金の埋蔵量は約2000トンに及び世界9位。金鉱は全国に点在しており、その数は1860、砂金の採取場まで含めると2300を超える。中でも平安北道の雲山(ウンサン)金山は埋蔵量が1000トンに及ぶと見積もられているが、まだその多くが採掘されないまま残っている。

また、数ある金鉱の中には、日本の統治時代に三菱鉱業(現・三菱マテリアル)が運営していた「青岩金山」もあり、現在は金正恩氏の秘密資金を運用する朝鮮労働党39号室や秘密警察が管理している。