北朝鮮で携帯電話事業を行っているエジプトのオラスコム社が、事業不振などで撤退も視野に入れているが、北朝鮮当局との交渉が順調に進んでいないと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

金正日氏、張成沢氏、オラスコム社のサウォリス会長/2011年1月23日
金正日氏、張成沢氏と会談したオラスコム社のサウォリス会長/2011年1月23日

オラスコムは13日に発表した今年第2四半期の会計監査報告書で、今年に入って伸び悩んでいた営業利益が再び上昇に転じたと明らかにした。同社が経営する北朝鮮の携帯電話会社「コリョリンク」の現金残高は6月末の時点で6億3000万ドルで、第1四半期の5億3900万ドルより約17%増加した。

    関連記事