北朝鮮当局が、外貨を稼ぐために「マツタケ組」を組織したとデイリーNKの内部情報筋が伝えてきた。背景には、深刻な外貨不足があるようだ。

擁壁を直す工事に動員されている住民たち。(本文とは関係ありません)
擁壁を直す工事に動員されている住民たち。(本文とは関係ありません)

10月10日の労働党創建70周年に向けて北朝鮮の各地では、銅像建設や都市整備事業が行われているが、資金不足を補うために当局は「セメントを出せ」「麺やパンを出せ」などと住民にありとあらゆる負担を強いている。