北朝鮮の両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)市で、金日成氏、金正日氏の父子銅像が建設されているが、地域住民が建設資材を負担しているとデイリーNKの内部情報筋が伝えてきた。

北朝鮮当局は、負担出来なければ労働鍛錬隊送り(強制労働)にすると脅迫しているという。

20150500金日成銅像小鳥

内部情報筋は「中央からの指示で、各工場、企業所では従業員に資材調達のノルマが割り当てられた。また、道の労働党委員会でも住民たちに砂利や砂を1人あたり1立米、セメントは20キロを出せと迫っている。『期限は10日以内』と幹部たちも焦っているようだ」と語った。

幹部たちが焦る理由は、銅像建設がスケジュール通りに進まず、労働党創建70周年記念日の10月10日に間に合わなくなるおそれがあるからだ。建設が遅れるのは資材不足などの問題に加えて、金正恩政権への不信感もあるという。

仮に、10月10日に間に合わなかったら幹部たちが更迭や降格されることは間違いない。

「以前なら『この身を投げ出しても国(北朝鮮)や指導者(金日成、金正日)のために頑張る』と忠誠心を持ったイルクン(職員、活動家)が必ずどこかにいたが、最近ではほとんど見かけなくなってしまった」(内部情報筋)

金正日氏の急逝により、金正恩氏が最高指導者となった当初、北朝鮮の住民たちは「若い指導者が登場した」と期待していたという。ところが、新しい指導者の政策は行き当たりばったり。さらに、幹部の粛清と処刑を繰り返すことから、期待感はすっかり消えた。

今や、北朝鮮住民の多くが、国のあり方や政治に無関心。彼らが興味を持つのは金儲け、ビジネスだけだ。

「資材ノルマも忠誠心を見せて真面目に頑張ると、逆に幹部から『生意気だ』と目をつけられ、どんな不利益を被るかわからない。でも、出さなければ、ダメと言われる。何をやってもダメだから、『バレない程度に手を抜いて適当にやればいい』という雰囲気だ」(内部情報筋)

【関連記事】
北朝鮮、「ハコモノ」優先で電力不足
北朝鮮が新たに金日成・正日父子の銅像

    関連記事