韓国軍が3日、射程500キロ以上の弾道ミサイル「玄武(ヒョンム)2-B」の発射実験を行った。早ければ今年の末にも実戦配備される予定で、そうなれば韓国軍は、北朝鮮全土を射程に収めることになる。

朝鮮半島の軍事情勢では北朝鮮が注目されがちだが、韓国と米軍もそれなりの動きをしている。

韓国陸軍は今年後半から来年にかけ、最大射程が80キロに達する次期多連装ロケットシステム(MLRS)を黄海の西北島に配備する計画だとされる。

    関連記事