北朝鮮当局が、政府所有の建物を新興富裕層(トンジュ:金主)に次々と払い下げていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。

トンジュたちは、北朝鮮国内のありとあらゆる不動産に投資しているが、故金正日氏の「護衛部隊(親衛隊)」が使っていた建物までも購入したという。

平壌事情に詳しい情報筋によると、トンジュが購入した物件は平壌市内普通江(ポトンガン)区域の慶興洞(キョンフンドン)にある。そばには「柳京ホテル」が構えるなど、まさに平壌市内の一等地だ。豪華な建物内には、招待所や会議室が備わっている。

かつては、護衛部隊が使っていたが、金正日氏死去後に、部隊は解散。建物は空き家となっていたが、4月初めに競売にかけられた。希望落札価格は40~50万ドル、激しい競争の末に競り落とされたという。

北朝鮮では、不動産の売買は違法だが半ば公然と行われてきた。しかし、護衛部隊が使っていたような「由緒ある物件」が売買されるのは極めて異例だが、それにはあるワケがあった。

【トレンド記事】
「社会主義資本家」とは…企業化する「砂ビジネス」の実態
「黒いダイヤ」で外貨を稼げ!?