米国のCNNは11日、北朝鮮元高級幹部の脱北者の証言として、金正恩氏の叔母・金慶喜(キム・ギョンヒ)氏が毒殺されたと報道したが、デイリーNKの平壌内部情報筋は、この情報を否定した。

金慶喜氏
金慶喜氏

情報筋によると、慶喜氏は両江道(リャンガンド)三池淵(サムジヨン)郡の「ソベクス特閣」と烽火診療所で治療を受けつつ療養生活を送っている。

慶喜氏は、張成沢氏処刑後に神経疾患が悪化し治療を受けてきた。金正恩氏は、金慶喜氏に対して深い愛情をもっており、医師たちにも「よく面倒を見てほしい」と頼みながら、度々医師を呼んで慶喜氏の病状を尋ねたり、直接見舞っているという。

「高級幹部たちは、『二人はとても仲がよくて、頻繁に連絡を取り合っているのに、毒殺説は荒唐無稽』と一笑に付している」(情報筋)

しかし、慶喜氏は、夫である張成沢氏の処刑によるショックで、アルコール中毒が悪化し、神経がひどく衰弱。治療でモルヒネを大量に使ったため、中毒症状に陥り精神的に不安定だと情報筋は伝えた。

「甥の政治の邪魔になる」公の場を避ける

情報筋は、慶喜氏が公開活動しない理由について次のように語った。