北朝鮮の鉄道の電化率は80%。日本や韓国の60%代に比べて非常に高い。これは劣悪なエネルギー事情でも安定的な運行を保つために60年代以降に電化が積極的に進められたためだ。しかし、その電化がアダとなり逆に鉄道の運行に大きな支障が出ている。

デイリーNKは、これまでにも北朝鮮の劣悪な鉄道事情について報じている。そして最近では平壌から恵山(ヘサン)まで10日以上かかるほどに状況が悪化していると、米政府系放送局のラジオ・フリー・アジア(RFA)が23日に報道した。

【関連記事】盗む!暴れる!鉄道工事「6.18突撃隊」がまるでチンピラ

両江道の住民がRFAに語ったところでは、「去年の秋ごろは平壌から恵山まで列車で1週間ほどかかっていたが、今では10日以上かかるようになった」という。

外国人の乗る列車は頑張って運行

『将軍様の鉄道 北朝鮮鉄道事情』(国分隼人著・新潮社)に収められた2002年当時の時刻表によると、平壌発・恵山行きの「急行1列車」は約720キロの距離を、23時間13分かけて走っていた。720キロは新幹線で東京~岡山間の距離に相当する。のぞみで3時間強、在来線の寝台特急なら約8時間半で走り抜ける。

    関連記事