北朝鮮当局は最近、個人耕作地(山に開墾した小規模の畑)の規模を従来の30坪から10坪以下に制限し、残りの20坪は協同農場に帰属させるという方針を発表した。個人耕作地を大幅に縮小し、農民を協同農場の生産成果に集中させる狙いと見られるが、農業改革を骨子とする「6.28経済改善措置」の再推進との関連性が注目されている。

恵山市街地の裏山も畑になっている(本文とは関係ありません)
恵山市街地の裏山も畑になっている(本文とは関係ありません)

咸鏡北道会寧の消息筋は29日、デイリーNKに「先日、郡党委員会のある幹部が女盟員が全員参加した会議で『今年から個人の土地使用を10坪に制限し、残りの20坪は没収する』と話していた。没収された土地は農場に帰属し、山の耕作地には木を植えるらしい」と伝えた。