人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の金正恩総書記が新型戦術誘導兵器の発射実験を視察した。日時は不明。朝鮮中央通信が17日、報じた。

韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は16日午後6時ごろ、東部の咸興(ハムン)付近から2発の発射体を日本海に向けて発射したという。

視察には朝鮮労働党中央委員会の金正植(キム・ジョンシク)副部長をはじめ、国防省の指揮メンバーと朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の幹部らが同行した。

同通信によると発射実験は成功した。これを受けて金正恩氏は、「展望的な国防力強化に関する党中央の構想を示し、国の防衛力と核戦闘武力をよりいっそう強化する上で提起される綱領的な教えを与えた」という。

    関連記事