人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

2年以上に渡るコロナ鎖国で深刻な経済難に陥っている北朝鮮。他の国ならそういう時に売れないものの代表例のひとつが、花だろう。しかし、北朝鮮の人々は、花を買い求め続けている。それには北朝鮮ならではの事情がある。

平壌のデイリーNK内部情報筋は、今月初めから「花売ります」の看板を掲げる家が増えたと伝えた。冬の厳しい北朝鮮では、屋外で花を栽培しようにもすぐに枯れてしまう。そこで、各家庭で作った造花を販売しているのだ。それには訳がある。

今月16日は光明星節、金正日総書記の生誕記念日だ。人民委員会(市役所)は光明星節当日に開かれる群衆デモなど各種行事を開催することを指示すると同時に、お祝いの雰囲気を高める事業に関する布告が下された。

行事に参加する人は、所属する職場や人民班(町内会)に割り当てられた区間に、花束を手に持って立たなければならないが、その特需を狙って、造花が数多く作られているわけだ。

生花もないわけではないが、ビニールハウスで栽培することから値段が高く、手頃な造花を選ぶ人が多い。当局はできる限り生花を捧げるよう推奨しており、生花を捧げた人は毎月、毎四半期、毎年行われる総和(総括)で高く評価されるが、造花であっても「褒められることはないが、だからといって責められることもない」というのが情報筋の話だ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

逆に、造花でも生花でも出さなければ、政治的に問題のある人物として様々な追及を受けることになる。一種の「官製市場」が形成されているのだ。

(参考記事:北朝鮮、首領様と将軍様に捧げる花が「密売」される理由

造花を作る側は、このビッグチャンスを逃すまいと、家族総出で寝る間も惜しんで造花づくりに精を出し、買う側は他の人に取られまいと代金を先払いして予約するほどだという。それに伴い、造花の値段も高騰。紙製の造花が1束1000北朝鮮ウォン(約24円)だったのが約3倍に、高級なビニール製は2万北朝鮮ウォン(約420円)もする。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

ちなみに生花はさらに高く、1束5万北朝鮮ウォン(約1200円)が最低価格だが、生花販売店には客が大勢やってきて繁盛している。競争相手が多く、各店とも店頭のデコレーションで差別化を図っているとのことだ。

モノが売れず、売ろうにも輸入が止まっているためモノがなく苦境が続いてきた市場や商人にとって、造花と生花のバカ売れは久々の嬉しい話だろう。だが、その一方で北朝鮮の暗い一面も見えてくる。

祝賀行列の通る通り沿いの花壇に、あらかじめ並べておいた花を盗んでいく者がいるというのだ。1束でコメ10キロ以上買える生花が目の前にあれば、苦しい生活にあえいでいる人なら、出来心で手を出してしまっても不思議ではない。各機関では、花を守るために、人員を動員して夜間警備を行っているとのことだ。

(参考記事:「寒さで花を咲かせられない」金正恩の温室管理人に惨い仕打ち

    関連記事