4月15日は太陽節(故金日成主席の生誕記念日)だ。北朝鮮の各地で記念行事が行われ、住民たちは金日成氏の銅像を訪れ、献花しなければならない。しかし、最近では、本来御法度である「造花」で献花することが多くなったという。

献花のための花は、かつては国から配給されていたが、90年代末の大飢饉「苦難の行軍」の頃に配給システムが崩壊したため、一般庶民たちは、市場や道端で購入せざるをえなくなった。

しかし、北朝鮮の4月はまだ寒く、生花と言ってもツツジぐらいしかない。それ以外の花は、温室で栽培する、もしくは中国から輸入するしかないのだが、総人口2500万人全員に花を配給するだけの経済的余裕が北朝鮮にあるわけがない。