人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

金正恩総書記が打ち出した高級ヴィラ風の「普通江(ポトンガン)川岸段々式住宅区」建設プロジェクト。各部門の労力革新者、功労者、教育者、文筆家などに「贈り物」として与えよとの指示のもと、建設が進められている。

場所は平壌市内中心部、金日成主席と金正日総書記の銅像がそびえ立つ万寿台(マンスデ)の丘の裏手に当たる超の付く一等地だ。そんな物件を虎視眈々と狙っている人々がいる。

平壌のデイリーNK内部情報筋は、川岸段々式住宅に入居するのは、近隣在住の幹部だろうと見ている。現在、部長クラス以上の幹部が住む専用住宅は、祖国解放戦争勝利記念館と、建設途中で放置された柳京(リュギョン)ホテルに挟まれた西将洞(ソジャンドン)にあるが、老朽化が進んでおり、建て替えの話が多く出ていた。

そこに降って湧いた今回の建設計画。だからといって金正恩氏の指示に背くことはできないため、800世帯のうち約2割は、本来の入居対象者に割り当てて、残りは幹部が入居するというのが、情報筋の見立てだ。その中には「赤い貴族」と呼ばれる抗日パルチザン出身者の家族も含まれるだろう。

(参考記事:女性少尉に「性上納」を強い続けた、金正恩「赤い貴族」の非道ぶり

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

間取りを見ると3部屋に2つのキッチンなど豪華なもので、当初から幹部の要求に応じて設計されたのではないかとの話が出ているとのことだ。

(参考記事:北朝鮮軍最高の部隊が作る「韓流ドラマ風マンション」の中身

また、金正恩氏が建設現場を2回も現地指導したことも、「忠誠分子の面倒は自分が見る」というメッセージを発信したものと捉えられている。

さらに、建設を担っているのが、金氏一家の特閣(別荘)の建設を主に担当している社会安全省(警察庁)の7総局(工兵総局)1旅団という点も注目に値する。建物の質と建設スピードを重視していることの現れだろう。つまり、金正恩氏は当初から、幹部を「モノで釣る」と同時に、「人民愛」を宣伝するという二兎を追うために、今回の計画を立案したことが考えられる。

(参考記事:金正恩氏「自立経済の潜在力を誇示する」住宅建設現場を視察

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

それだけではない。周囲の人民文化宮殿、平壌体育館、柳京ホテルなどと合わせ、革命の首都平壌の美観事業を進めることで、外国人観光客に見せるプロパガンダとしての意味合いも兼ねているようだ。

「元帥様(金正恩氏)は都市緑化と自然景観の設計を説いているが、これは最大限に造形を現代式にせよとの意味。国内の忠誠分子も楽しめ、外国のお客さんにも見せられるという判断から計画したようだ」(情報筋)

(参考記事:北朝鮮ツアー、北朝鮮旅行は今後どうなる…実は近くて普通に行けるおすすめ北朝鮮ツアー・北朝鮮旅行

また、川岸段々式住宅区から普通江を挟んだ対岸の新原洞(シノンドン)、石岩洞(ソガムドン)にも200世帯のマンションを建設する計画で、こちらの建設には平壌市と普通江区域の突撃隊(半強制の建設ボランティア部隊)が動員されている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

さて、同時に進められている「平壌市1万世帯住宅建設」だが、その現場は同じ平壌市内でも郊外に当たる松華(ソンファ)と松新(ソンシン)だ。

元々は無秩序に木造住宅が立ち並び、中心部とは配給でも差別的待遇を受けている地域で、外部の目に晒されることはまずないことから、外見と一部のプロパガンダ用の部屋を除けば、粗雑な作りになる可能性がある。

(参考記事:金正恩氏が指揮「1万世帯住宅」建設で死者続出

    関連記事