北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は6日、日本が北朝鮮の脅威を理由に弾道ミサイル迎撃能力の強化を図るのは、「軍事大国化を実現して海外膨張の道に踏み出そうとする」ためだと非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は「朝鮮半島に平和が定着すれば軍事大国化策動の名分が消えうる。それゆえ、日本の反動層は地域の情勢を激化させようとしている」と決めつけた上で、「日本がわれわれの『脅威』説を流し続けながら、なんとしても不純な目的を達成しようとすることに対してわれわれは絶対に袖手傍観しない」と強調した。

    関連記事