北朝鮮国営の朝鮮中央通信は27日、「『独島(竹島)領有権』主張は再侵略の前奏曲」であるとする論評を配信した。

(参考記事:【写真】北朝鮮、韓国「美人すぎる野党議員」を猛批判…「親日派を除去せよ」

論評は、日本は「『竹島(独島)の日』(2月22日)なるものを制定し、独島を自分らの『固有の領土』と言い張っている」としながら、「日本が唱えている『領有権』主張には地理的にも、歴史的にも、法律的にも世人を納得させるほどの何の妥当性もない」と主張。

それにも関わらず日本が領有権を主張するのは、「日本の人民を侵略熱に浮つくようにし、国際社会の領土に関する公正な認識を曇らせて再侵略の有利な条件と環境、機会をもたらそうとする」ためだと決めつけた。

    関連記事