北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は19日、日本が防衛費を拡大するのは「海外膨張の野望を実現するため」であるとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

日本政府は18日午前の閣議で、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」と、2019年度から5年間の「中期防衛力整備計画」を決定。これにより今後5年間の防衛費は総額27兆4700億円と過去最大を更新した。

論評はこれに対し、「日本は、敗北以降の数十年間、『防衛』という欺まん的な看板を掲げてその舞台裏で少しずつ軍事力を増強してきた。その結果、日本の『自衛隊』は近代的な陸・海・空軍武力と先制攻撃能力を全て備えた危険な侵略武力に成長した」と指摘。そのうえで「日本の再侵略は、時間の問題だ」と警戒感を表した。

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 日ごとに露骨になる日本反動層の海外膨張野望を糾弾

【平壌12月19日発朝鮮中央通信】先日、日本の「東京新聞」が安倍政権の無分別な軍事大国化策動を非難する記事を掲載した。記事は、「他国に脅威を与える装備を買いそろえたり、防衛費を際限なく増やすことで、憲法の趣旨である「専守防衛」を逸脱してはならない」とし、政府が自制することを主張した。

19日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは自国が軍国主義の道へヒステリックに疾走していることに対する深刻な懸念の表しであると明らかにした。

同紙は、今、日本では軍事力強化の基本方向を提示する防衛計画の大綱と中期防衛力整備計画の改定作業が大詰めを迎えているとし、次のように指摘した。

日本の目的は明白である。海外膨張の野望を実現するためである。

「大東亜共栄圏」の昔の夢を実現しようとするのは、過去も現在も変わらぬ日本反動層の宿望である。

日本は、敗北以降の数十年間、「防衛」という欺まん的な看板を掲げてその舞台裏で少しずつ軍事力を増強してきた。その結果、日本の「自衛隊」は近代的な陸・海・空軍武力と先制攻撃能力を全て備えた危険な侵略武力に成長した。

日本が唱える「専守防衛」の原則は、うわべだけである。

海外膨張の野望で身もだえしてきた日本という軍国主義毒蛇、この凶悪な怪物がこんにち、「束縛」の網を引き裂きながら世界に向かって頭を突き出し、毒気を放っている。

日本は、社会生活の各分野で軍国主義を復活させた。国家の構造もそれにふさわしく改造した状態である。今、残っているのは憲法を改悪することだけである。憲法の改悪が実現すれば、日本はそれこそ名実相伴う戦争国家となる。

日本の再侵略は、時間の問題である。---

    関連記事