人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

「大東亜共栄圏」の昔の夢を実現しようとするのは、過去も現在も変わらぬ日本反動層の宿望である。

日本は、敗北以降の数十年間、「防衛」という欺まん的な看板を掲げてその舞台裏で少しずつ軍事力を増強してきた。その結果、日本の「自衛隊」は近代的な陸・海・空軍武力と先制攻撃能力を全て備えた危険な侵略武力に成長した。

日本が唱える「専守防衛」の原則は、うわべだけである。

海外膨張の野望で身もだえしてきた日本という軍国主義毒蛇、この凶悪な怪物がこんにち、「束縛」の網を引き裂きながら世界に向かって頭を突き出し、毒気を放っている。

日本は、社会生活の各分野で軍国主義を復活させた。国家の構造もそれにふさわしく改造した状態である。今、残っているのは憲法を改悪することだけである。憲法の改悪が実現すれば、日本はそれこそ名実相伴う戦争国家となる。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

日本の再侵略は、時間の問題である。---

    関連記事