北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は18日、日本の平和憲法は「有名無実だ」とする署名入りの論説を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「凶悪な下心の表れ」北朝鮮、海自の旭日旗掲揚に反発

同通信によれば論説は、「日本では『平和憲法』であると誇る国家の基本法が実際には憲法解釈劇によって作られた安全保障関連法のような雑多な法律により有名無実になっている」としながら、「社会生活の各分野で軍国主義が復活し、国家安全保障会議が設けられるなど、国家構造もそれ相応に改悪された」と指摘。

安倍政権が推進する改憲は「海外侵略を合法化」するものであるとした上で。その結果は「第2の敗北」があるのみだと強調した。

    関連記事