北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は27日、日本の安倍政権が「朝鮮半島と地域の緊張状態を激化させ、再侵略野望を実現しようと血眼になっている」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:金正恩と大阪を結ぶ奇しき血脈

論評は、航空自衛隊の早期警戒機導入や、海上自衛隊が太平洋上で行った弾道ミサイル迎撃訓練に言及。「(日本が)軍事的対決に熱を上げているのは、せっかくもたらされた平和の機会をなんとしても壊すための故意的な策動だ」と主張した。

続けて論評は、「他人にかこつけて自分の利益をむさぼるのは島国一族の体質的な悪習だ」と非難。「再侵略野望にとらわれた日本の執権勢力は、海外侵略の道に合法的に飛び込むことのできる口実を探している。それがまさに、『北朝鮮脅威』である」と決めつけた。