人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同紙は、他人にかこつけて自分の利益をむさぼるのは島国一族の体質的な悪習だとし、次のように暴露した。

今、日本の反動層が「大東亜共栄圏」の昔の夢を見ながら侵略の過去を復活させようと狂奔していることは秘密ではない。

再侵略野望にとらわれた日本の執権勢力は、海外侵略の道に合法的に飛び込むことのできる口実を探している。

それがまさに、「北朝鮮脅威」である。

最近、日本当局者らは連日、われわれとの対話についてうんぬんし、「新しい時代」「平和と繁栄の礎石」などと宣伝している。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

その一方で、上記のようにわれわれにかこつけて朝鮮半島と地域の緊張状態を激化させ、再侵略野望を実現しようと血眼になって狂奔している。

平和の幕の裏で侵略の刃物を研ぎながらも、「新しい時代」に対するたわごとを並べ立てることこそ、きわめて厚顔無恥な行為である。---

    関連記事