最高指導者は、松涛園総合食品工場の製品が道の範囲を超えて全国各地に広がり、中央の食品工場の製品に劣らないという評価を受けているがたいへんよいことであると述べ、全国的な食品工場間の製品競争を活発に行って見習い、追いついて追い越すための闘争熱風の中で生産的高揚を起こし、成果を引き続き拡大していかなければならないと語った。

最高指導者は、製品の品種が増えるのに合わせて保管条件が異なる食料加工製品に対する品質検査、監督活動を厳格かつ正確にすべきだと述べ、特に人々の健康と生命に直接的な影響を及ぼす食品と医薬品の場合、品質と衛生安全性を徹底的に保障するための製品検査制度を強化し、検査の方法と手段を改善して近代化すべきだと語った。

最高指導者は、今後、工場で全ての生産工程をより完璧(かんぺき)にオートメ化、無人化、無菌化するための近代化を自力更生の旗印を高く掲げてわれわれの技術力量とわれわれの資材、設備に依拠して行うことによって工場を国産化、主体化された生産拠点に整えていくべきだと述べ、そのための展望目標を正確に立てて頑強に実現させていくことについて教えた。

    関連記事