北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は26日、日本が「自らの『独島(竹島)領有権』を内外に認識させるための策動にいつよりも熱を上げている」とする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:北朝鮮、安倍政権を警戒「軍事大国化に狂奔」

論評は、日本政府は「自国民に独島を『奪われた領土』に認識させて復しゅうの念を呼び起こすことによって、『大東亜共栄圏』の昔の夢を実現するための突撃隊に使おうと」していると主張。

続けて「日本の反動層は独島強奪策動に熱を上げて再侵略の妄想をするのではなく、罪悪に満ちた歴史について一日も早く謝罪し、賠償すべき」などと主張した。