北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は25日、日本の安倍政権が「軍事大国化と海外膨張野望の実現に狂奔している」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は冒頭で、陸上自衛隊の離島奪還専門部隊「水陸機動団」と海上自衛隊が、鹿児島県の種子島周辺海域などで初の共同訓練(8~24日)を実施したことに言及。

続いて「すでに日本は、軍国主義国家としての面ぼうをほとんど備えた」と指摘しつつ、「現行憲法だけが障害物として残っている。日本の執権者はなんとしても現行憲法を改正してそれに攻撃武力としての『自衛隊』の存在を明記し、再侵略の道に横たわっている法的障害物を取り除こうとしている」と述べ、警戒感を表した。

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 海外侵略の道へ疾走する日本を糾弾

【平壌5月25日発朝鮮中央通信】最近、日本陸上「自衛隊」と海上「自衛隊」が共同訓練を行った。陸上「自衛隊」の離島奪還専門部隊である水陸機動団と海上「自衛隊」が鹿児島県の種子島周辺海域などで初めて行った共同訓練は8日に始まって24日に終わった。この期間、「自衛隊」の作戦能力を強化するという名目の下、海上「自衛隊」輸送艦から水陸両用車AAV7が迅速に機動展開する訓練、上陸訓練、空中輸送訓練などがヒステリックに繰り広げられた。

25日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは安倍一味が軍事大国化と海外膨張野望の実現に狂奔しているということを示していると主張した。

同紙は、海外侵略に飛び込もうとする日本軍国主義者の試みはきわめて大きな危険性を内包しているとし、次のように暴いた。

すでに日本は、軍国主義国家としての面ぼうをほとんど備えた。

日本は、再侵略のための全ての準備を円滑に整えた状態である。

現行憲法だけが障害物として残っている。日本の執権者はなんとしても現行憲法を改正してそれに攻撃武力としての「自衛隊」の存在を明記し、再侵略の道に横たわっている法的障害物を取り除こうとしている。

現日本支配層がなぜ、憲法改悪にそれほどやっきになっているのかということは火を見るより明らかである。

海外侵略を合法化しようとするのである。言い換えれば、日本を戦争を行える国につくって「大東亜共栄圏」の昔の夢を実現するということである。

同紙は、日本の反動層が戦争国家になってなんとしても海外侵略の道へ疾走しようとしているが、それから得られるものは何もなく、軍国主義戦争馬車が行きつく所は滅亡の奈落だけであると強調した。---

    関連記事