北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は16日、日本は孤立から脱するために「対朝鮮敵視政策を諦めるべき」とする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「日本だけイライラしてひねくれている」北朝鮮が言いたい放題

論評は、「朝鮮半島と地域の運命、平和保障問題を論議する席に日本は参加できずにいる」「複雑さだけを生じさせる、やかましい存在としてのけ者にされている」などと指摘。

日本がこのような「独りぼっちの境遇」を免れるために必要なのは、「対朝鮮敵視政策を諦めることである」と主張した。