韓国の文在寅大統領は29日午前、安倍晋三首相と電話会談し、27日の南北首脳会談で北朝鮮の金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)が「日本と対話する用意がある」と表明したことを伝えた。

北朝鮮との対話は日本側も望んでいたものであり、南北に続いて5~6月に予定されている米朝首脳会談、そしてその流れで日朝首脳会談が実現するかもしれないとの期待がにわかに高まった。

ところがその一方で、北朝鮮メディアは日本非難を続けている(以下、公式日本語訳ママ)。

でも母親は大阪出身

南北首脳会談翌日には、国営の朝鮮中央通信が「周知のように今、朝鮮半島を巡る情勢は良好に発展している。ところが、ただ日本だけが火床の上に座っているようにいらいらして全てのことにひねくれたことを言っている」などとする論評を配信。さらに29日には朝鮮労働党機関紙の労働新聞が「(日本は情勢変化の)流れから押し出されて独りぼっちの境遇になった」などと書いた。

さらにさかのぼれば、次のように言いたい放題だ。

「体質的に意地悪く、心の狭い政治いびつのそのみみっちい習癖を捨てられない日本の反動層が実に哀れである」(労働新聞18日付)
「時代的感覚が鈍い島国一族ならではのたわいない妄動」(労働新聞5日付)

(参考記事:「孤独な島国の断末魔」北朝鮮、NHKを罵倒

北朝鮮メディアはこのところ、韓国政府への非難を手控える一方で、米国批判は続けている。しかし昨年に比べると攻撃性は弱まっており、日本に対してだけ、辛辣さが増している。

北朝鮮のメディア戦略は金正恩氏が直々に統括しているはずなのだが、いったい彼は、日本と対話する気があるのか、ないのか。

(参考記事:金正恩氏が自分の“ヘンな写真”をせっせと公開するのはナゼなのか

筆者が思うに、金正恩氏は日本との対話そのものについて、拒否感を持っているわけではないと思う。なんといっても、日本の大阪は自分の母親が生まれ育った地だ。また最近になって、金正恩氏が幼少の頃、偽造旅券を使って日本に遊びに来ていたとの「疑惑」も報じられた。

(参考記事:金正恩と大阪を結ぶ奇しき血脈

ただ、南北統一という大義を共有する韓国や、北朝鮮の体制保障を行うパワーを持つ米国と比べ、日本は北朝鮮にとって、交流による成果を見出しにくい相手なのかもしれない。

日本と対話すれば必ず日本人拉致問題が出てくるし、仮にそれが進展したとしても、次は人権問題が出てくる。日本政府は拉致問題の一環として、欧州連合(EU)とともに10年以上にわたり、国連で北朝鮮の人権侵害追及の旗を振ってきた。それだけに、北朝鮮国内の人権状況が改善せずしては、経済支援などを実行しにくいのだ。

とりわけ、国民虐待の温床である政治犯収容所が維持されたままでは、国際社会の手前もあり、日本は対北支援に動けない。

(参考記事:北朝鮮、拘禁施設の過酷な実態…「女性収監者は裸で調査」「性暴行」「強制堕胎」も

一方、経済支援に関しては、米朝関係さえ好転して制裁が解除に向かえば、中国と韓国が喜んで手を差し伸べてくれそうな気配だ。おそらく、いまの北朝鮮経済にはそれでじゅうぶんであり、そのため日本への期待も非常に弱いものになっているのかもしれない。

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記