同紙は、朝鮮半島と地域の運命、平和保障問題を論議する席に日本は参加できずにいると指摘し、むしろ複雑さだけを生じさせるやかましい存在としてのけ者にされているとし、次のように強調した。

今後、日本が地域で独りぼっちの境遇を免れられる道はある。

それは、対朝鮮敵視政策を諦めることである。

日本の政客らに再度忠告するが、いささかの理性でも残っているなら無鉄砲に朝鮮を敵視する根深い悪癖を捨てなければならない。

もし、旧態依然として対朝鮮敵視政策を固執する道に引き続き進むなら、それから得られるものは地域での孤立と政治的破たんだけである。---

    関連記事