北朝鮮国営の朝鮮中央通信は12日、日本政府が日本人拉致問題の解決主張するのは、「過去清算を回避するため」であるとする論評を配信した。

論評は、北朝鮮と米韓の間で対話が進展する中、日本が拉致問題を巡り対北圧力の維持を訴えるのは「縁談に葬式の話を持ち出すということわざのように、(中略)国際社会が一致して歓迎している朝鮮半島の平和気流をあくまでも阻んでみようとする稚拙で愚かな醜態だと言わざるを得ない」と非難した。

(参考記事:「日本だけイライラしてひねくれている」北朝鮮が言いたい放題

また、日本が朝鮮半島を植民地統治した過去に言及しながら、「朝鮮人民に及ぼした人的・物質的・文化的および精神的・道徳的損失は日本という国をそっくり捧げてもとうてい賠償できない」と指摘。

続けて、日本が「『拉致問題』を大げさに取り上げるのは、朝鮮半島を囲む国際政治舞台に影も入れずにいる哀れな境遇から脱し、誰それの『同情』を呼び起こして過去清算を回避してみようとするところにある」主張した。