北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、金正恩党委員長と文在寅大統領による首脳会談が27日に行われたことを伝えた。朝鮮労働党機関紙・労働新聞も同日、南北首脳会談や夕食会の様子などを1面から4面にわたって写真入りで大々的に伝えた。

南北首脳会談(2018年4月28日付朝鮮中央通信より)
南北首脳会談(2018年4月28日付朝鮮中央通信より)

北朝鮮側からは、金正恩氏の随行員として金永南(キム・ヨンナム)、李洙墉(リ・スヨン)、金英哲(キム・ヨンチョル)、李容浩(リ・ヨンホ)、崔輝(チェ・フィ)、金与正(キム・ヨジョン)、李善権(リ・ソングォン)、李明秀(リ・ミョンス)、朴永植(パク・ヨンシク)の各氏が参加した。

韓国側は、任鍾晳(イム・ジョンソク)、鄭義溶(チョン・ウィヨン)、徐薫(ソ・フン)、趙明均(チョ・ミョンギュン)、宋永武(ソン・ヨンム)、康京和(カン・ギョンファ)、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)、尹永燦(ユン・ヨンチャン)の各氏が参加した。

同通信は首脳会談で「北南(南北)関係問題と朝鮮半島の平和保障問題、朝鮮半島の非核化問題をはじめ、互いに関心を寄せる問題について率直で虚心坦懐の意見が交換された」と伝えた。

金正恩氏は、文氏との対面について「このような特別な所での対面はそれ自体が全ての人々に未来への希望と夢を再び与える契機になるだろう」とし、「分裂と対決の歴史に終止符を打ち、平和と統一の新時代を開いていかなければならないという民族的使命感と義務をいま一度感じるようになる。今日、その新しい歴史を記していくスタートラインで信号弾を撃つ心構えで来た」と語った。

金正恩氏と文氏は、「今後、随時会って懸案と民族の重大事を真摯に論議することによって北南関係の新しい歴史を英知をもって切り開き、朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための良好な流れをさらに拡大し、発展させるために共に努力していくことにした」と同通信は伝えた。

金正恩氏と文氏は、「朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言」に署名し、宣言文を交換した。署名式の後に板門店宣言に関連する共同発表を行った。

文氏は、金正恩氏の韓国訪問を歓迎して夕食会を催した。夕食会には金正恩氏の夫人・李雪主(リ・ソルチュ)氏をはじめ、金永南、李洙墉、金英哲、崔輝、金与正、李善権の各氏らが招待された。

夕食会では、文氏が歓迎演説を行い、金正恩氏が答礼演説を行った。北朝鮮側は玉流(オンリュ)館の平壌冷麺を宴会のテーブルに上げた。

金正恩夫妻と文夫妻は韓国側が準備した歓送公演「一つの春」を鑑賞し、別れの挨拶を交わした。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

 民族の和解・団結と平和・繁栄の新時代を開いた歴史的な対面

【平壌4月28日発朝鮮中央通信】

金正恩国務委員長が北南首脳の対面と会談のために板門店分離線を越える

朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長である朝鮮労働党と国家、軍隊の最高指導者金正恩同志が、歴史的な北南首脳の対面と会談のために27日、板門店に出た。

午前9時、金正恩国務委員長が党と政府、軍隊の幹部を率いて板門閣を出て板門店分離線の前に至った。

金正恩国務委員長を迎えるために、文在寅大統領が板門店分離線の前まで来た。

金正恩国務委員長は、文在寅大統領と握手し、あいさつを交わした。

金正恩国務委員長は、板門店分離線を越えて文在寅大統領と共にわが方の地域の板門閣と南側地域の「自由の家」を背景に各々記念写真を撮った。 金正恩国務委員長と文在寅大統領は、板門店分離線を越えてわが方の地域で再度固い握手をし、板門店の南側地域へ向かった。

金正恩国務委員長を文在寅大統領が温かく迎える

最高指導者金正恩国務委員長は、文在寅大統領と共に板門店分離線を越えて板門店南側地域の「平和の家」へ向かった。

民族の和解と団結のための第一歩を意義深く飾った両首脳を北と南の人士が熱狂的な拍手で歓迎した。

金正恩国務委員長に、南側の子どもたちが芳しい花束を差し上げた。

北南の両首脳は、伝統儀仗隊に護衛されて国軍儀仗隊の査閲場に向かった。 板門店南側地域「平和の家」の前の広場には、軍楽隊と陸・海・空軍の儀仗隊、伝統儀仗隊、伝統楽隊が整列していた。

金正恩国務委員長と文在寅大統領が査閲台に上がると、国軍儀仗隊の隊長が迎接報告をし、軍楽隊が歓迎曲を演奏した。

金正恩国務委員長は文在寅大統領と共に、国軍儀仗隊と伝統儀仗隊を査閲した。

金正恩国務委員長は、文在寅大統領から迎接に来た南側人士を紹介され、彼らといちいち握手した。

文在寅大統領が、わが方の幹部とあいさつした。

北と南の人士は、両首脳と共に記念写真を撮った。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である朝鮮最高人民会議常任委員会の金永南委員長と党・政府の幹部である李洙墉、金英哲、李容浩、崔輝、金與正、李善権の各氏、武力機関の幹部である李明秀、朴永植の両氏がこれに参加した。

南側から、青瓦台の任鍾晳秘書室長と鄭義溶国家安保室長、国家情報院の徐薫院長、統一部の趙明均長官、国防部の宋永武長官、外交部の康京和長官、合同参謀本部の鄭景斗議長、青瓦台秘書室の尹永燦国民疎通首席秘書官が参加した。

金正恩国務委員長が文在寅大統領と板門店南側地域の「平和の家」で会談

最高指導者金正恩国務委員長と文在寅大統領間の会談が板門店南側地域の「平和の家」で行われた。

会談には、わが方から朝鮮労働党中央委員会の金英哲副委員長、金與正第1副部長が参加した。

南側からは、青瓦台の任鍾晳秘書室長、国家情報院の徐薫院長が参加した。 会談では、北南関係問題と朝鮮半島の平和保障問題、朝鮮半島の非核化問題をはじめ、互いに関心を寄せる問題について率直で虚心坦懐の意見が交換された。

金正恩国務委員長は、文在寅大統領と分断の象徴で対決の象徴である板門店で非常に意味深い対面をしたことに言及し、このような特別な所での対面はそれ自体が全ての人々に未来への希望と夢を再び与える契機になるだろうと述べた。

金正恩国務委員長は、分裂と対決の歴史に終止符を打ち、平和と統一の新時代を開いていかなければならないという民族的使命感と義務をいま一度感じるようになるとし、今日、その新しい歴史を記していくスタートラインで信号弾を撃つ心構えで来たと語った。

文在寅大統領は、今日の対面を祝うかのように天気もうららかであるとし、金正恩国務委員長が板門店分離線を越える瞬間、板門店は分断の象徴ではなく平和の象徴になったと述べた。

文在寅大統領は、今日のような意義深い対面を実現させた金正恩国務委員長の大いなる勇断に深い敬意を表するとし、このように胸襟を開く対話が引き続きつながってわれわれの間に信頼が築かれることを期待すると語った。

金正恩国務委員長と文在寅大統領は、会談に上程された議題について見解の一致を見、今後、随時会って懸案と民族の重大事を真摯(しんし)に論議することによって北南関係の新しい歴史を英知をもって切り開き、朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための良好な流れをさらに拡大し、発展させるために共に努力していくことにした。

金正恩国務委員長は会談に先立って、歴史的な北南首脳の対面を記念して「平和の家」の芳名録に「新しい歴史はこれから 平和の時代、歴史の出発点で 金正恩 2018.4.27」という親筆を残し、文在寅大統領と意義深い記念写真を撮った。

金正恩国務委員長が文在寅大統領と記念植樹

最高指導者金正恩国務委員長が、歴史的な北南首脳の対面を記念して文在寅大統領と共に板門店に「平和と繁栄」を象徴する松を植えた。

金正恩国務委員長と文在寅大統領は、北と南がそれぞれ準備した白頭山と漢拏山の土を合わせて埋め、大同江と漢江の水を一緒に撒いた。

金正恩国務委員長は、一身がそのまま元肥となり、大事なこの根を覆ってやる土になるという心、風雨を防いでやる風よけになるという心持でこの木と共にようやくもたらされた北南関係改善の流れを立派に培っていき、四季にわたって青い松の剛毅さのように剛毅な精神をもってわれわれ共に未来を切り開こうという意義深い言葉を述べた。

金正恩国務委員長と文在寅大統領の名義による標識碑が、松の傍に立てられた。

北南の両首脳が、標識碑の幕を取り除いた。

標識碑には、「平和と繁栄を植える」という文字が刻まれていた。

植樹の後、北南の両首脳は標識碑と松を背景に記念写真を撮った。

続けて、北南の両首脳と共に随行員が記念写真を撮った。

金正恩国務委員長と文在寅大統領は記念植樹の後、散歩しながら真摯に談話した。

金正恩国務委員長が文在寅大統領と共に「朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言」に署名

最高指導者金正恩国務委員長が、文在寅大統領と共に「朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言」に署名し、宣言文を交換した。

金正恩国務委員長は、朝鮮民族の一様な志向と要求を反映した歴史的な板門店宣言の誕生を祝って文在寅大統領と意義深い記念写真を撮って熱く抱擁した。

署名式には、わが方から朝鮮労働党中央委員会の李洙墉、金英哲の両副委員長、金與正党第1副部長、祖国平和統一委員会の李善権委員長、趙甬元党副部長が参加した。

南側からは、青瓦台の任鍾晳秘書室長と鄭義溶国家安保室長、国家情報院の徐薫院長、統一部の趙明均長官、国防部の宋永武長官、外交部の康京和長官、青瓦台秘書室の尹永燦国民疎通首席秘書官が参加した。

北南の両首脳は署名式の後、板門店宣言に関連する共同発表を行った。

金正恩国務委員長の南側地域訪問を歓迎して文在寅大統領が夕食会催す

最高指導者金正恩国務委員長の南側地域訪問を歓迎して、文在寅大統領が「平和の家」で夕食会を催した。

尊敬する李雪主女史が、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である朝鮮最高人民会議常任委員会の金永南委員長と、党と政府の幹部である李洙墉、金英哲、崔輝、金與正、李善権の各氏をはじめ随行の幹部、随行員と共に夕食会に招待された。

青瓦台の任鍾晳秘書室長、鄭義溶国家安保室長、国家情報院の徐薫院長、統一部の趙明均長官、国防部の宋永武長官、外交部の康京和長官、複数の政党の代表、歴史的な北南首脳の対面の縁故者をはじめ各階層の南側の人士が参加した。

「平和の家」に到着した李雪主女史を文在寅大統領とキム・ジョンスク女史が温かく迎えた。

夕食会に先立って、金正恩国務委員長と李雪主女史、文在寅大統領とキム・ジョンスク女史は温かい雰囲気の中で歓談し、情を交わした。

金正恩国務委員長と李雪主女史は、文在寅大統領に誠意を込めて夕食会を準備してくれたことに深い謝意を表した。

金正恩国務委員長と文在寅大統領の両夫妻は、夕食会場の前で北南の人士とひとりひとり挨拶を交わした。

両首脳が会場に姿を現すと、全ての参加者は歴史的な板門店会談を成功裏に終えた両首脳を熱狂的な拍手で歓迎した。

夕食会ではまず、文在寅大統領が歓迎演説をした。

金正恩国務委員長が、答礼演説を行った。

南側は、特別な意味を込めた各種の料理を、わが方は玉流館の平壌冷麺を宴会のテーブルに上げて参加者に深い印象を残した。

夕食会は終始、血肉の情溢れる和気あいあいとした雰囲気の中で行われた。 夕食会では、歴史的な北南首脳の対面と会談を祝う北と南の芸能人の公演があった。

金正恩国務委員長が文在寅大統領と別れの挨拶

最高指導者金正恩国務委員長が、歴史的な北南首脳の対面と会談を成功裏に終えて文在寅大統領と別れの挨拶をした。

金正恩国務委員長と李雪主女史が文在寅大統領夫妻と共に「平和の家」から出てくると、北南の人士は熱狂的な拍手喝采を送った。

金正恩国務委員長と李雪主女史は、文在寅大統領夫妻と屋外につくられた招待席に登壇して南側が準備した歓送公演「一つの春」を鑑賞した。

金正恩国務委員長と文在寅大統領は公演の後、北南の人士といちいち握手し、別れの挨拶を交わした。

金正恩国務委員長と文在寅大統領は熱く手を取って新しい出発を約束し、別れの挨拶をした。

金正恩国務委員長は、南側人士の歓送を受けながら「平和の家」を発った。---

    関連記事