北朝鮮の平壌で11日から行われていた第8回軍需工業大会が、12日に閉幕した。朝鮮中央通信が伝えた。金正恩党委員長が演説し、「国家核戦力完成の大業を成し遂げた」と宣言した。

北朝鮮が軍需工業大会について公開するのは初めて。北朝鮮は2017年、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射を3回、核実験を1回行った。大会を公開し、これらの業績を誇示することで、核開発と経済建設を同時に進める「並進路線」の正当性を強調する意図があると見られる。

【画像】第8回軍需工業大会が閉幕

大会では討論が行われ、討論者らは金正恩氏を称えた。

金正恩氏が大会を締めくくる演説を行い、「われわれの力と技術で原爆、水爆と大陸間弾道ロケット『火星15』型をはじめとする新しい戦略兵器システムを開発し、国家核戦力完成の大業を成し遂げたのは、高価な代償を払いながら決死の闘いで獲得したわが党と人民の偉大な歴史的勝利だ」と宣言した。

また、「国防力強化を国事の中の国事と見なし、国防工業の発展に優先的な力を入れるのは、わが党が一貫して堅持してきた戦略的路線だ、チュチェの国防工業建設思想と路線を打ち出して大いなる心血と労苦をささげながら帝国主義の侵略から国の自主権と人民の安全、革命の獲得物をしっかり守れる強力な国防工業を建設したのは、主席と総書記が祖国と革命に対して積み上げた業績の中の業績だ」と強調した。

さらに、「強大かつ威力ある主体的国防工業に基づいて、わが国の戦略的地位が新しい高さに上がったこんにちの誇らしい現実は、経済建設と核戦力建設の並進路線を打ち出して貫徹してきたわが党の決心と選択の正当性をはっきり実証している」と述べた。

続けて、「朝鮮労働党が掲げた並進の旗印があり、英雄的軍需労働者階級と党に忠実で才能のある国防科学者、技術者がいるので、主体的国防工業は絶えず強化され、発展するであろうし、われわれは反帝・反米対決戦で勝利し、社会主義偉業、チュチェの革命偉業を必ず達成するであろう」と主張した。

その上で、「朝鮮労働党の偉大な指導があるのでわれわれの国防工業、自衛的国防力は想像もできないほど非常な速度で強化され、わが共和国は世界最強の核強国、軍事強国としてより勝利のうちに前進し、飛躍するであろう、一心同体に固く団結して党と革命のために、主体的国防工業の強化、発展のために力強く闘っていこう」とアピールした。

【画像】第8回軍需工業大会が閉幕

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

第8回軍需工業大会が閉幕

【平壌12月13日発朝鮮中央通信】第8回軍需工業大会が、12日に閉幕した。

大会で各討論者は、国家核戦力完成の前人未踏の道を先頭に立って歩んだ最高指導者金正恩委員長の献身と労苦について語った。

また、朝鮮式の威力あるチュチェ兵器、チュチェ弾を開発、生産する過程で収めた成果と経験について述べ、チュチェ朝鮮の尊厳と剛勇な気概をとどろかしていく決意を披れきした。

金正恩委員長が、大会で結語を述べた。

金正恩委員長は結語で、全党と全人民の大きな関心と期待の中で、そして国家核戦力完成の歴史的大業を立派に実現したチュチェ朝鮮の立派な英雄たちに送る全国の熱烈な祝賀の中で第8回軍需工業大会を前例なく盛大に行っていることについて語った。

朝鮮労働党中央委員会と全国の人民の名義で主体的国防工業の強化、発展のために献身的に闘っている大会の参加者を熱烈に祝い、祖国の歴史に特記すべき大勝利である大陸間弾道ロケット「火星15」型試射の成功を収めて党中央委員会の特別招待によって大会に参加した国防科学戦士たちの偉大な功績を高く評価し、祝賀のあいさつを送った。

党と革命に対する限りない忠誠心と最も高潔な祖国愛を持ってチュチェ革命の兵器廠を頼もしく守っている軍需工場、企業所、研究所、大学の全ての科学者、技術者、労働者と軍人、そして軍需生産と保障を担当した単位の活動家と勤労者をはじめ国防工業部門に服務している全ての人々に熱烈な祝賀と温かい感謝を贈った。

廃虚から自立的国防工業を創設した金日成主席と金正日総書記の一生の献身と労苦を胸熱く顧みながら、こんにちの大勝利を収めるための試練に満ちた闘争行路で党と領袖の命令に限りなく忠実であった軍需工業部門の革命先輩の一生を高く評価した。

長い歴史と誇らしい伝統を有しているわれわれの国防工業が、いかなる武装装備も自前で作れる自立的かつ近代的な国防工業に強化され、発展したことについて語った。

われわれの力と技術で原爆、水爆と大陸間弾道ロケット「火星15」型をはじめとする新しい戦略兵器システムを開発し、国家核戦力完成の大業を成し遂げたのは、高価な代償を払いながら決死の闘いで獲得したわが党と人民の偉大な歴史的勝利だと厳かに宣言した。

国防力強化を国事の中の国事と見なし、国防工業の発展に優先的な力を入れるのは、わが党が一貫して堅持してきた戦略的路線だとし、チュチェの国防工業建設思想と路線を打ち出して大いなる心血と労苦をささげながら帝国主義の侵略から国の自主権と人民の安全、革命の獲得物をしっかり守れる強力な国防工業を建設したのは、主席と総書記が祖国と革命に対して積み上げた業績の中の業績だと強調した。

わが党が現情勢と革命発展の要求に即して、経済建設と核戦力建設を並進させることに関する戦略的路線を打ち出し、その実現のための闘争を正確に手配し、指導したことに言及した。

強大かつ威力ある主体的国防工業に基づいて、わが国の戦略的地位が新しい高さに上がったこんにちの誇らしい現実は、経済建設と核戦力建設の並進路線を打ち出して貫徹してきたわが党の決心と選択の正当性をはっきり実証していると誇り高く闡明(せんめい)した。

われわれの威力ある主体的国防工業は、貴い血と汗を惜しみなく捧げてわが党に忠実に従ってきた軍需工業部門の科学者、技術者、労働者と活動家の屈しない革命精神と決死貫徹の闘争気風がもたらした貴い実体であるとし、彼らを党の思想と路線にいかなる姿勢と立場で接し、いかに貫徹すべきかを実践の模範で見せた党の頼もしい決死隊に誉れ高く推し立てた。

わが党と生死運命を共にしながら、並進路線の貫徹のために国家核戦力建設の完成を目指して英雄的に闘ってきた軍需工業部門の科学者、技術者、労働者と活動家、そして刻苦欠乏に耐えながらも党の国防工業重視路線を絶対的に支持し、国防工業部門を物心両面にわたって支援した全国の全人民に再度温かい感謝を贈った。

わが祖国を世界最強の核強国、軍事強国により輝かしていく方向を明示しながら、チュチェの路線を捉えてわれわれの国防工業を21世紀の先端の自立的国防産業に飛躍させるための展望目標と重点目標、戦略的課題と重大課題を提示し、その実践の方途も明示した。

われわれの国防工業が担っている重大な使命は、国家防衛力を鉄壁にうち固め、党と革命、祖国と人民を防衛してチュチェ革命偉業の勝利的前進を裏付け、社会主義強国の建設を先導して積極的に促すところにあるということについて強調した。

朝鮮労働党が掲げた並進の旗印があり、英雄的軍需労働者階級と党に忠実で才能のある国防科学者、技術者がいるので、主体的国防工業は絶えず強化され、発展するであろうし、われわれは反帝・反米対決戦で勝利し、社会主義偉業、チュチェの革命偉業を必ず達成するであろうと確言した。

国防科学者と軍需労働者階級が核戦力を質量共に強化し、朝鮮式の最先端武装装備をより多く作って社会主義軍事強国の尊厳と威容を高く宣揚し、チュチェ革命の最後の勝利を早めるうえでその栄誉ある使命と任務を果たしていくとの確信を表明した。

金正恩委員長は、朝鮮労働党の偉大な指導があるのでわれわれの国防工業、自衛的国防力は想像もできないほど非常な速度で強化され、わが共和国は世界最強の核強国、軍事強国としてより勝利のうちに前進し、飛躍するであろうと闡明しながら、一心同体に固く団結して党と革命のために、主体的国防工業の強化、発展のために力強く闘っていこうと呼びかけた。

金正恩委員長が演説を終えると、参加者は最高指導者に熱狂的な歓呼の声を上げ、また上げた。---

    関連記事