金正恩党委員長ら北朝鮮指導部の除去など、「斬首作戦」に当たる韓国軍の「特殊任務旅団」が1日、創設された。兵力は約1000人規模で、既存の特殊戦司令部内にあった旅団の人員と装備を増強して作られた。同旅団は核攻撃の兆候を察知した場合に平壌に侵攻し、核兵器使用の権限を持つ金正恩氏らを除去する。

同旅団の創設は当初、2019年に予定されていた。2年前倒しされたのは、北朝鮮の核兵器・弾道ミサイルの脅威度が急速に増しているためだ。

トイレにもストレス

韓国では2015年の夏以降、有事において、北朝鮮の指導部や核・ミサイル施設を早期に除去する「斬首作戦」の導入論が持ち上がっていた。きっかけとなったのは同年8月、韓国軍兵士が北朝鮮の仕掛けた地雷で吹き飛ばされた事件に端を発した、深刻な軍事危機である。

(参考記事:【動画】吹き飛ぶ韓国軍兵士…北朝鮮の地雷が爆発する瞬間

韓国国防省のチョ・ソンホ軍構造改革推進官は同月27日に開かれたフォーラムで、韓国軍が金正恩氏に対する「斬首作戦」の導入を計画していると説明。また、同年9月23日には、韓国陸軍特殊戦司令部が国会国防委員会に提出した資料を通じて、「敵(北朝鮮)の戦略的核心標的を打撃するための特殊部隊の編成を推進している」と明らかにしていた。

「斬首作戦」は有事に際して発動されるもので、現在のところ、米韓などが平時から金正恩氏の暗殺を狙っている気配はない。

しかし、北朝鮮はこうした動きに、極めて神経質な反応を見せる。韓国軍が、同旅団を2017年のうちに創設するとの方針を明らかにした今年1月、北朝鮮の労働新聞は、「共和国の最高首脳部を狙ったかいらい好戦狂らの特殊任務旅団の編成は事実上、われわれに対する露骨な宣戦布告である」とする論評を掲載していた。

これが、金正恩氏自身のストレスの表れであろうことは想像に難くない。普通の人と同じトイレを使えないなど、ただでさえストレスの多い金正恩氏なのに、自分の命を狙う特殊部隊が本格的に立ち上がったとなれば、心理的重圧はかなりのものではないだろうか。

(参考記事:金正恩氏が一般人と同じトイレを使えない訳

北朝鮮メディアは当面、金正恩氏のストレスがビビッドに表れた主張を展開してくるだろう。大陸間弾道ミサイル「火星15」の発射成功時にはガッツポーズをして喜んだ金正恩氏だが、これだけ世界を騒がせておいて、そうそう良いことばかりが続くわけもないのだ。

(参考記事:金正恩氏が自分の“ヘンな写真”をせっせと公開するのはナゼなのか

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記