また、「米国が追求するのは協商による問題の解決ではなく、もっぱらわれわれを力で屈服させて世界覇権を握ろうとすることだけである」と指摘した。

さらに、「米国は、強力で威力ある自衛的核抑止力を保有したわれわれが自分らの強盗さながらの要求に応じると思う間抜けな妄想を捨てなければならない」と主張した。

その上で、「米国が自分らの対朝鮮敵視政策を撤回する考えはせず、誰それの一方的な核放棄を狙った協商についてのみ没頭するのはきわめて愚かなことである」とし、「わが共和国の最高の利益と人民の安全に関連する問題は、絶対に駆け引きのテーブルに乗せることができず、そのような対話と協商にはいささかの関心もないというのがわれわれの確固不動の立場である」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事