北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は17日、署名入りの論説で米国が「『前提条件のない非核化協商』について唱えている」と糾弾した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「対朝鮮敵視政策を撤回すべきだというわれわれの正当な要求をいわゆる『前提条件』と言い掛かりをつけて、それなしに非核化協商に出なければならないと言い立てるのは盗人猛々しいことだ」と非難した。

つづけて、「米国はいわゆる『前提条件のない非核化協商』についてうんぬんする前に朝鮮半島に核戦争の危険をもたらした自分らの罪悪から省みなければならない」と述べた。