北朝鮮の金正恩党委員長が、平壌化粧品工場を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が29日、伝えた。実妹の金与正(キム・ヨジョン)氏、李雪主(リ・ソルチュ)夫人が同行した。

平壌化粧品工場を現地指導した金正恩氏(2017年10月29日付労働新聞より)
平壌化粧品工場を現地指導した金正恩氏(2017年10月29日付労働新聞より)

同通信によると、金正恩氏は、工場に設置された同工場を現地指導する金正日総書記の写真を見ながら、「わが総書記が立派に転変した工場を見て回ったならたいへん喜んだことだろう」と述べた。

また、工場の各所を見て回り、「平壌化粧品工場で生産している化粧品の種類も多く、質もよいだけでなく、容器の形はもちろん、包装箱も本当に格好がよい」とたいへん喜び、「より美しくなろうとする女性の夢を実現させられるようになった、現代化、科学化、工業化された工場で量産される世界的水準の化粧品をもらって喜ぶわが女性、わが人民を考えると本当にうれしい」と語った。

平壌化粧品工場を現地指導した金正恩氏(2017年10月29日付労働新聞より)
平壌化粧品工場を現地指導した金正恩氏(2017年10月29日付労働新聞より)

さらに、「どこを見ても従前の姿が全然見られないように完全に垢抜けした、工場を遠い後日にも遜色がないように世界がこれ見よがしに立派に改築したので本当に気分がよい」と述べた。

その上で、金正恩氏は工場に提起される課題を提示し、生産工程の現代化の課題を与えた。

現地指導には、与正氏、雪主夫人の他に安正秀(アン・ジョンス)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)の各氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が新しく改築された平壌化粧品工場を現地指導

【平壌10月29日発朝鮮中央通信】最高指導者金正恩委員長が、李雪主同志と共にわが国の化粧品工場の典型単位、標準に立派に転変した平壌化粧品工場を現地で指導した。

金正恩委員長は、金正日総書記の尊い姿を描いたモザイク壁画「わが人民によりよい化粧品を与えるために」を見た後、新たに築いた革命事績教育室と沿革紹介室を見て回った。

2003年8月、平壌化粧品工場を現地で指導する総書記の写真を一つ一つ注意深く見ながら、わが総書記が立派に転変した工場を見て回ったならたいへん喜んだことだろうと胸熱く述べた。

わが人民により文化的な生活条件を保障するために気遣った総書記の人民愛が平壌化粧品工場の各所に宿っているとし、工場の活動家と従業員は総書記のその日の現地での教えをいつも忘れず、世界的な競争力を持つ良質の化粧品をより多く生産して人民に与えなければならないと強調した。

金正恩委員長は、統合生産指令室、化粧品職場、せっけん職場、化粧品容器職場、図案創作室、化粧品研究所、化粧品分析所、科学技術普及室、製品サンプル室など、工場の各所を見て回って改築状況と生産および研究の実態、製品の質について具体的に調べた。

平壌化粧品工場で生産している化粧品の種類も多く、質もよいだけでなく、容器の形はもちろん、包装箱も本当に格好がよいとたいへん喜び、より美しくなろうとする女性の夢を実現させられるようになった、現代化、科学化、工業化された工場で量産される世界的水準の化粧品をもらって喜ぶわが女性、わが人民を考えると本当にうれしいと誇りに満ちて述べた。

金正恩委員長は、平壌化粧品工場が生産区域、教育区域、生活区域が明白に区分され、全ての建築物がエコ型、省エネ型に整えられて、どこを見ても従前の姿が全然見られないように完全に垢抜けしたとし、工場を遠い後日にも遜色がないように世界がこれ見よがしに立派に改築したので本当に気分がよいと述べた。

金正恩委員長は、工場に提起される綱領的な課題を提示し、2段階生産工程現代化の課題を現地で直接与えた。

金正恩委員長は、平壌化粧品工場の活動家と従業員が人民に良質の化粧品を与えるための闘いで継続革新、継続前進するとの期待と確信を表明し、彼らと共に記念写真を撮った。

朝鮮労働党中央委員会の安正秀副委員長と党中央委員会の責任幹部である金與正、趙甬元の両氏が同行した。---

    関連記事