北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は20日、署名入りの論評で同国の核兵器は「米帝の核脅威から祖国の運命と自主権を守るための朝鮮人民の血みどろのたたかいがもたらした貴い結実である」と主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「米国の凶悪な野望によって、朝鮮半島で核問題が生じ、核戦争の危険は絶えず拡大してきた」と述べた。

つづけて、「朝鮮労働党は朝鮮革命と現情勢の要求に即して経済建設と核戦力建設を並進させるという新たな戦略的路線を打ち出した」とし強調した。