北朝鮮の金正恩党委員長が創立70周年を迎える万景台(マンギョンデ)革命学院を祝賀訪問した。朝鮮中央通信が13日、伝えた。

万景台革命学院を訪問した金正恩氏(2017年10月13日付労働新聞より)
万景台革命学院を訪問した金正恩氏(2017年10月13日付労働新聞より)

金正恩氏の実妹である金与正(キム・ヨジョン)氏が同行した。

金与正氏は、7日に行われた朝鮮労働党中央委員会第7期第2回総会で、政治局委員候補に選出された。政治局のメンバーとして金正恩氏に同行するのは初となる。

万景台革命学院で記念写真を撮った金正恩氏(2017年10月13日付労働新聞より)
万景台革命学院で記念写真を撮った金正恩氏(2017年10月13日付労働新聞より)

金正恩氏は、万景台革命学院に設置された金日成主席と金正日総書記の銅像にあいさつし、学院の教職員、生徒と記念写真を撮った。

金正恩氏は、「万景台革命学院の教職員、生徒が今後も万景台の血統をしっかりつないでいき、社会主義偉業の最後の勝利を収めるための聖なる闘いにおいていつも中核的役割を果たしていく」との期待と確信を表明した。

金正恩氏は、同学院の施設を見て回り、「万景台の水と空気を吸って成長した学院の卒業生たちが反帝・反米対決戦と社会主義強国建設の各部門で革命の柱、核心根幹としての使命と任務を立派に遂行していることについて述べた」と同通信は伝えた。

崔龍海(チェ・リョンヘ)、李日煥(リ・イルファン)、金勇帥(キム・ヨンス)、金与正(キム・ヨジョン)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)の各氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が創立70周年を迎える万景台革命学院を祝賀訪問

【平壌10月13日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官である最高指導者金正恩同志は創立70周年を迎える万景台革命学院を祝賀訪問した。

金正恩委員長を万景台革命学院のオ・リョンテッ院長(陸軍少将)をはじめとする学院の責任幹部が迎えた。

金正恩委員長は、万景台革命学院に立つ金日成主席と金正日総書記の銅像に謹んであいさつした。

金正恩委員長は、創立70周年を迎えた学院の教職員、生徒と記念写真を撮り、彼らを祝った。

万景台革命学院の教職員、生徒が今後も万景台の血統をしっかりつないでいき、社会主義偉業の最後の勝利を収めるための聖なる闘いにおいていつも中核的役割を果たしていくとの期待と確信を表明した。

金正恩委員長は、新たに建設した革命事績館と朝鮮労働党の恩情によって近代的な教育環境、科学教育設備を立派に備えた複数の講義室、総合体育館、水泳館を見て回りながら建設状況と教育実態を具体的に調べた。

不世出の偉人たちの指導の本に生まれ、強化され、発展してきた万景台革命学院が去る70年間、金日成主席の学院、金正日総書記の学院としての性格と本態を固守して輝かし、党と革命に限りなく忠実な堅実かつ頼もしい核心根幹を多く育てることによって革命偉業継承の歴史に誇らしい行路を刻み込んだことについて高く評価した。

万景台の水と空気を吸って成長した学院の卒業生たちが反帝・反米対決戦と社会主義強国建設の各部門で革命の柱、核心根幹としての使命と任務を立派に遂行していることについて述べた。

金正恩委員長は、チュチェ革命の代を継いでいく根幹、中核部隊を育てる万景台革命学院の使命と任務に合わせて生徒を多面的な知識を身につけた革命人材に育成するための活動において新しい進展を遂げるべきだと述べ、学院の教育活動と管理・運営において指針となる綱領的な課題を提示した。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で、共和国国務委員会副委員長である崔龍海党副委員長と朝鮮労働党中央委員会の責任幹部である李日煥、金勇帥、金與正、趙甬元の各氏が同行した。---

    関連記事