北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会のスポークスマンは9月30日、 トランプ米大統領を嘲笑する談話を発表した。朝鮮中央通信が同日、伝えた。

談話は、トランプ氏が「『(北朝鮮は)長くは続かないだろう』などのほらをツイッターに載せた」「自分らの軍事的方案が『すごく破壊的」と言って虚勢を張った」と指摘した。

また、北朝鮮に対する制裁措置の強化を可能にする大統領令に署名したことや、B-1B核戦略爆撃機を朝鮮半島上空に展開させたことなどを取り上げ、「満身創痍となったメンツを挽回してみようと愚かに振る舞った」と非難した。

つづけて、「これは最終完成の段階に入った朝鮮の国家核戦力強化に対する極度の不安感、わが首脳部が慎重に考慮している史上最高の超強硬対応措置に対する身震いする恐怖から脱するための断末魔のあがき以外の何物でもない」と嘲笑した。

また、「トランプは我も知らず、相手も知らずに無謀にのさばるほど、わが千万軍民の対米報復熱気をいっそう倍加させて米国の頭上に垂れ込めた暗い滅びる兆しが暗黒と化する最後の滅亡の時刻を早めるだけだということを知るべきである」と主張した。

その上で、「任意の時刻に懲罰の火を噴き出す万端の態勢にある朝鮮革命武力の前で腐った『制裁』のこん棒を振り回して火取り虫のようなものを飛ばしながら虚勢を張るのは、米国の領土を丸ごと核の火の海につくる自殺行為になるだけだということを再度想起させる」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

ア太委の代弁人 無謀な空威張りと間抜けな妄動で米国が得るものはさらなる羞恥と破滅だけだ

【平壌9月30日発朝鮮中央通信】朝鮮アジア太平洋平和委員会(ア太委)のスポークスマンは、トランプがいまだに気を確かに持てず、よりいっそうヒステリックな発作症状を見せていることに関連して30日、談話を発表した。

チュチェ朝鮮の爆弾宣言によって恐怖にかられたトランプが共和国にまたもや言い掛かりをつけながら「長くは続かないだろう」などのほらをツイッターに載せたかとすれば、記者らの前で自分らの軍事的方案が「すごく破壊的」と言って虚勢を張った。

先日、トランプは自分が直接新たな「対朝鮮制裁行政命令」なるものにサインし、手先らを推し立てて「歴代最も強力な措置」と言い立てるようにしたかとすれば、米議会下院を動員してきわめて陳腐な「北人権法の再承認法案」なるものをつくり上げた。

一方、B1B核戦略爆撃機編隊を泥棒猫のように朝鮮東海の公海上に送り込んで満身創痍となったメンツを挽回してみようと愚かに振る舞った。

スポークスマンは、これは最終完成の段階に入った朝鮮の国家核戦力強化に対する極度の不安感、わが首脳部が慎重に考慮している史上最高の超強硬対応措置に対する身震いする恐怖から脱するための断末魔のあがき以外の何物でもないと嘲笑(ちょうしょう)した。

また、すでに明白に闡明(せんめい)したように、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長の声明はチュチェ朝鮮の力強い進軍の前で理性を失ってあわてふためく米帝侵略者に送る最後通牒であり、米国の老いぼれ狂人を必ず火で馴らすという超強硬立場を厳かに宣言した重大警告であると明らかにし、次のように強調した。

トランプは我も知らず、相手も知らずに無謀にのさばるほど、わが千万軍民の対米報復熱気をいっそう倍加させて米国の頭上に垂れ込めた暗い滅びる兆しが暗黒と化する最後の滅亡の時刻を早めるだけだということを知るべきである。

任意の時刻に懲罰の火を噴き出す万端の態勢にある朝鮮革命武力の前で腐った「制裁」のこん棒を振り回して火取り虫のようなものを飛ばしながら虚勢を張るのは、米国の領土を丸ごと核の火の海につくる自殺行為になるだけだということを再度想起させる。---

    関連記事